手術で悩み解決|膣のゆるみ対策には正しい知識が必要になります
婦人

膣のゆるみ対策には正しい知識が必要になります

手術で悩み解決

悩む女性

小陰唇肥大を治す方法としては、手術が一般的です。性器のコンプレックスは他人には相談しにくい問題で自然と自信もなくなってしまうことがあります。しかし、手術によって悩みを解消することで自信を取り戻すことができるでしょう。
小陰唇肥大を治療するには、縮小手術が必要です。この手術は肥大した小陰唇をメスやレーザーで取り除く手術です。一般的には局所麻酔をしてから行うので、手術中痛みはありません。そして手術をするには整形外科や美容外科で行うのと仕上がりが綺麗です。小陰唇肥大は見た目が悪いだけではなく、自転車に乗ったりタイトな下着やパンツを履くと痛みを伴うこともあるので手術で治療しておくのが適切といえます。
手術の方法としては、まず麻酔をします。麻酔が効いてきたら、肥大した小陰唇を切除します。この時、色の濃い部分を切除することが多いです。また、形も綺麗に整えてくれます。小陰唇は基本的にしっかりと丁寧に縫い合わせると、傷跡も目立たない部分なので傷跡を気にすることもないでしょう。普通の縮小手術では片方の小陰唇を30分から40分かけて手術するので、合計で1時間から1時間半くらいで手術は終了します。手術が終了して一週間ほどで抜糸をしますが、抜糸の際には痛みを伴うことが多いです。ただ、最近では溶ける糸を使って縫合を行うこともできるので今までのような痛みを伴わずに手術をすることも可能です。小陰唇肥大は意外にも多くの女性が悩みを持っています。手術で簡単に解消する悩みなので、悩んでいる方は手術を行うと良いでしょう。

Copyright©2016 膣のゆるみ対策には正しい知識が必要になります All Rights Reserved.